Skip to content(本文へジャンプ)

  1. HOME
  2. M&Aの不満を解消する、3つのオプション
  3. M&Aストラクチャー検討

Option 03 M&Aストラクチャー検討

税務と法務の一方のみの検討ではストラクチャーを決めることができません。

M&Aストラクチャー検討

M&Aストラクチャーを選択する際には、まず税金や手続費用といったコストの検討が必要となります。次に、法律上選択できないストラクチャーでないか、違法なストラクチャーでないかという検討が必要となります。

一般的にストラクチャー検討の際には、監査法人と法律事務所双方の意見を交互に聞いた上で詰めていくことになります。ところが、ストラクチャーの検討がある程度煮詰まっていたにもかかわらず、一方の専門家から問題点を指摘されることにより、検討していたストラクチャーがご破算となることもしばしば見られます。このような事態は、両専門家の情報共有が細部にわたってまで実施されていないことから引き起こされます。

このサービスでは、会計士弁護士が税務と法律の知識を同時に検討してM&Aストラクチャーを提案するため、一方の専門家の意見により、M&A検討過程でストラクチャーがご破算となるおそれはありません。

  • 「日本経済新聞」に掲載されました

著書

  • 公認会計士と弁護士が教える「専門家を使いこなす」ためのM&Aの知識と実務の勘所
  • 公認会計士と弁護士が教える
    「専門家を使いこなす」ためのM&Aの知識と実務の勘所

ページの先頭へ