Skip to content(本文へジャンプ)

  1. HOME
  2. M&Aの知識
  3. 財務DDの基礎知識
  4. コスト・アプローチの基礎知識

コスト・アプローチの基礎知識

コスト・アプローチの具体的な評価手法は純資産方式です。つまり、純資産額をもって株主価値とする評価手法です。

もちろん、ひとくちに純資産方式といっても、大きくは2つに分かれます。1つは資産及び負債を時価評価した上で純資産額を算定する時価純資産方式であり、1つはそういった時価評価を行わずに帳簿価額のままで評価を行う簿価純資産方式です。

実のところ、通常のM&Aの局面において、コスト・アプローチを用いるケースは多くはありません。なぜなら、このような純資産方式に基づく評価は、企業の静態的な価値を切り取ったものであり、事業の継続性などが考慮されていないためです。ですから、継続企業を前提とせずに、清算を前提とした解散価値などを算出しなければならない局面においては、非常に適した評価手法といえるのですが、通常のM&Aであれば、清算を前提としてではなく、将来の成長を見込んで買収していくわけですから、全く逆です。

そのため、同一の企業グループ内における再編の場合などを除いて、通常のM&Aにおいては基本的には用いられない評価手法であると考えて置いて差し支えありません。

セミナー情報

2015年08月28日(金)
13:00~17:00
M&Aにおける『知的財産実務』の勘所
2015年08月07日(金)
13:00~17:00
専門家を使いこなすための『M&A』の知識
終了いたしました 2015年03月06日(金)
13:00~17:00
専門家を使いこなすための『M&A』の知識

ページの先頭へ