Skip to content(本文へジャンプ)

  1. HOME
  2. M&Aの知識
  3. M&Aの基礎知識
  4. 対象会社への資料請求と事前分析

対象会社への資料請求と事前分析

デュー・デリジェンスの基本的な流れ

対象会社への資料請求と事前分析

キックオフミーティングを終えたら、すみやかに各プレイヤーは対象会社への依頼資料リストを作成し、買主またはFAを通じて、対象会社への資料請求を行うことになります。

デュー・デリジェンスにおいて必要となる資料は極めて膨大です。参考までに以下に依頼資料リスト(抜粋)の例を掲載しました。

リストに目を通すとわかりますが、会社の登記簿謄本や定款といった基本情報に関わるものから、様々な契約書、そして財務諸表項目の詳細な明細やそのエビデンスに至るまで、デュー・デリジェンスにおいて必要となる資料は多岐にわたります。

自分が対象会社の担当者になった場合を想像してもらえればわかると思いますが、短期間の間でこれだけの資料を準備するのは非常に骨の折れる作業です。しかし、限られた時間の中で適切なデュー・デリジェンスを行うには、これら資料が滞りなく提出されるかどうかが重要な鍵を握っているということも同時にいえます。現地調査の中で最も非効率なのが、資料が出てこないことによる手待ち状態です。ですので、そういったことができるだけ起こらないようにするためにも、可能な範囲で資料に優先順位をつけるなどの工夫をして、一部ずつでも資料が滞りなく提出されるようにアレンジすることが肝要です。

ですので、資料の入手については、専門家に丸投げするのではなく、買主サイドとしても、資料リストとその提出状況をタイムリーに共有し、資料の提出状況が芳しくない場合には、早めに督促をするといった工夫を行うことがスムーズなデュー・デリジェンスの実施という観点からは大変意義のあることとなります。

そのような形ですみやかに資料を入手して、専門家の手に渡るようにすることで、現地調査の前段階における事前分析を行うことが可能となります。通常、現地調査の時間は限られていますから、できる限り事前にできることは事前に行っておくというスタンスで臨むことが重要です。

依頼資料リスト(抜粋)

No. 名称 重要度 基準時点 形態 交付日 備考
【会社基本情報】
1 会社の登記簿謄本(全部履歴) 最新 原本
2 会社設立関係書類 当該時点 閲覧
3 会社案内(沿革を含む) 最新
4 主要商品、サービス等のパンフレット 最新
5 定款 原始定款~最新
6 株主名簿 最新
7 過去の株主の変遷に関する資料 最新
8 株券(株券発行会社) 最新 閲覧
【グループ会社、組織等】
1 会社組織図 最新
2 主要事業所別従業員数 最新
3 株主構成図 最新
4 グループ会社関係図 最新
5 役員一覧 最新
6 株主との契約書 最新 閲覧
7 グループ会社間の契約書 最新 閲覧
【各種契約】
1 過去の組織変更に関する契約書 最新 閲覧
2 商取引に関する契約書 最新 閲覧
3 銀行借入に関する契約書 最新 閲覧
4 リースに関する契約書 最新 閲覧
5 賃借・使用不動産に係る契約書 最新 閲覧
6 業務委託(顧問含む)に関する契約書 最新 閲覧
7 保険に関する契約書 最新 閲覧
8 その他事業上の重要な契約書 最新 閲覧
9 主要取引先一覧 最新
10 主要仕入先一覧 最新
【決算書、申告書関係】
1 決算書一式(勘定科目明細含む。) 3期分
2 会計システムから出力された残高試算表 3期分
3 平成●年●月以降の月次試算表 直近

セミナー情報

2015年08月28日(金)
13:00~17:00
M&Aにおける『知的財産実務』の勘所
2015年08月07日(金)
13:00~17:00
専門家を使いこなすための『M&A』の知識
終了いたしました 2015年03月06日(金)
13:00~17:00
専門家を使いこなすための『M&A』の知識

ページの先頭へ